投稿

2月, 2013の投稿を表示しています

かばくん

イメージ
『かばくん』
作 岸田衿子 絵 中谷千代子 出版社 福音館書店 発行年月日 1966年12月25日 価格 ¥800+税

“おきてくれ かばくん
どうぶつえんは もう11じ
ねむいなら ねむいと いっておくれ
つまらないから おきてくれ” 男の子が、ヒモで繋いだカメを散歩させながら、動物園にやってきました。
かばくんの1日が、シンプルなことばと、
味わい深いタッチの絵によって描かれています。

絵は、『ジオジオのかんむり』や『るるのたんじょうび』などでも有名な中谷千代子さん。
わたしは中谷さんが描く、やさしくてあたたかみのある、
このなんとも言えない風合いが大好きです。

続編に、『かばくんのふね』があります。
良ければ合わせてお楽しみください。

おふろだいすき

イメージ
『おふろだいすき』
作 松岡享子 絵 林明子 出版社 福音館書店

ツリーハウス

イメージ
『ツリーハウス』
作 ロナルド・トルマン、マライヤ・トルマン 出版社 西村書店 発行日 2012年6月26日 価格 ¥1,600+税

ツリーハウスで暮らし始めた2匹のクマ。そこへ、フラミンゴやカバ、クジャクなど、たくさんの動物たちが次々とやってきます。2匹のクマは、友だちのようにも見えるし、寄り添う姿を見ているとまるで恋人や夫婦のようにも見えます。
世界各国で出版されている、文字のない絵本です。

* * * * * * *
文字はなく、絵はエッチング部分を父のロナルドが、イラストを娘のマライヤが描いた絵本です。
イタリアではボローニャ国際児童図書賞を、オランダでは金の絵筆賞、ドイツではトロイスドルフ絵本賞など、各国でさまざまな賞を受賞しました。

“文字がないにもかかわらず、「読める」絵本である。”

絵本の帯に書いてあるその言葉通り、絵から伝わるストーリーがあります。どうぞ手に取って、あなたの感じるままに読んでみてください。

できるだけ静かなところで、できれば誰にも邪魔されないようにして、1ページ1ページを大切に味わいたい。そんな絵本です。