投稿

5月, 2013の投稿を表示しています

シルクハットぞくはよなかのいちじにやってくる

イメージ
シルクハットぞくはよなかのいちじにやってくる

そんなタイトルを読めば、一体どんなおはなしが始まるのだろうとわくわくしてしまいます。
今日の1冊は、2012年に出版された、おくはらゆめさんの絵本です。

『シルクハットぞくはよなかのいちじにやってくる』
作 おくはらゆめ 出版社 童心社 価格 ¥1,400+税

ひとあしひとあし

イメージ
『ひとあし ひとあし なんでも はかれる しゃくとりむしの はなし』
作 レオ・レオニ 訳 谷川俊太郎 出版社 好学社 税込価格 ¥1,456

かしこいビル

イメージ
『かしこいビル』
作 ウィリアム・ニコルソン 訳 松岡享子、吉田新一 出版社 ペンギン社
発行日 2003年4月
※原書『CLEVER BILL』1926年発行(イギリス) 価格 ¥1,000+税

ある日郵便屋さんから、メリーに手紙が届きました。おばさんからで、遊びにいらっしゃいとのこと。メリーは返事を書き、トランクを用意して、さっそく出掛ける準備にとりかかりました。

けれど時間がなくなって、とにかくめちゃくちゃに押し込んで、慌ててトランクの蓋をしました。
そうしたら――

なんと!!

なんと!!!

(絵本にそう書いてあるんですよ。笑)

さて、“なんと”どうしたのでしょうか。
続きは、ぜひ絵本を手に取ってご覧くださいね。

* * * * * * *
印象的なタイトルに、潔い色づかい。制作されたのは、なんと1926年とのこと。
そんな年月なんて感じさせないくらい、
――それどころが新しいような気さえします。

臨場感あふれる描写に、テンポのいいストーリー。知らないあいだに引き込まれてしまって、展開は分かっているのに何度読んでも笑ってしまいます。

展開のリズムというか、迫力のあるその勢いが、すごく良いなあと思います。
おかしいかもしれませんが、私にとっては、読むとなんだかスッキリした気分になる1冊です。

きゅっきゅっきゅっ

イメージ
『きゅっ きゅっ きゅっ』
作 林明子 出版社 福音館書店 発行日 1986年6月20日 価格 ¥700+税