投稿

ネッシーのおむこさん

イメージ
『ネッシーのおむこさん』
角野栄子 作
西川おさむ 絵 出版社 金の星社 発行年月 1979年8月
定価 本体1,200円+税


7~10月の営業日と、11月以降の営業についてのお知らせ

本日は、今後の営業についてのお知らせです。

勝手ながら、私ごとにより、今年の11月以降、しばらくのあいだ休業させていただくこととなりました。
今のところ再開日は未定ですが、来年の春以降に再開できればと考えています。

みなさまには、ご迷惑をお掛けすることになってしまい申し訳ございませんが、再開した際には、またぜひお立ち寄りいただければ幸いです。

また、今後の営業日は以下の通りです。

7/20(土)、21(日)
8/17(土)、18(日)
9/21(土)、22(日)
※ 10月は今のところ未定です。

営業時間は、通常通り、10時から18時までです。

ご不便をお掛けしますが、どうぞよろしくお願いします。


* * * * * * *

さて、ここからは今月のお知らせです。
7月は海の日にちなんで、船をテーマに、夏らしい絵本を集めてご紹介しようと思っています。

そのほか、先月に引き続き、幼年童話と呼ばれるものを中心に、読みものの入り口となるような作品をご紹介します。

最後に、絵本のお取り寄せについては、7月10日(水)までにご連絡いただけましたら今月の営業日にご用意します。お探しの絵本がございましたら、メールにてご連絡ください。

その他ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせいただければ幸いです。

mail : pienisilta@gmail.com
tel : 06-6868-9382

今月も、どうぞよろしくお願いします。

こりゃまてまて

イメージ
『こりゃ まてまて』
中脇初枝 文
酒井駒子 絵 出版社 福音館書店 発行年月日 2008年5月15日
※月刊「こどものとも0.1.2.」2002年7月号
定価 本体800円+税

メリーメリーおとまりにでかける

イメージ
『メリーメリー おとまりにでかける』
ジョーン・G・ロビンソン 作・絵
小宮由 訳 出版社 岩波書店 発行年月日 2017年3月17日
定価 本体1300円+税

営業日のお知らせ(2019年6月)

本日は、営業日についてのお知らせです。

6月の営業日は、15(土)、16(日)、営業時間は、10時から18時までです。

16日がちょうど父の日なので、今月は、お父さんの絵本を集めてご紹介します。

そのほか、先月に引き続き雨の絵本と、夏に向けておすすめの絵本をいくつかご紹介できればと思っています。

また、最近読みものに関するご相談も多いので、幼い子どもたちにもひらけた作品を中心に、幼年童話・幼年文学と言われるもの、はたまたその先の作品を、少しずつご案内できればと思っています。

「幼年童話(幼年文学)」というジャンルについては、作品の対象年齢を一定の範囲(一般に、5〜8歳くらい)に定めてしまうことや、文字教育の手段として捉えられてしまう場合があることなどから、そのジャンル(言葉)自体を問題視する意見もありますね。

個人的には、また別に思うところもありますが、幼年童話というジャンルがあることによって、大人が子どもに本を選ぶときの参考になったり、それによって子どもがスムーズに読みものの世界に入っていくきっかけになったりするのであれば、このジャンルにも意味があるのだと思っています。

もちろん、一般に幼年童話とくくられる本でも、8歳を過ぎてからそのおもしろさに気付くこともあれば、反対に、日ごろから絵本に親しんでいる子どもなら2、3歳から楽しめるものもあります。

この夏は、このような幼年童話と呼ばれるものを中心に、読みものの世界を少しずつご紹介できればと思っています。



なお、絵本のお取り寄せにつきましては、6月5日(水)までにご連絡いただけましたら今月の営業日にご用意します。お探しの絵本がございましたら、メールにてご連絡ください。

その他ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせいただければ幸いです。

mail : pienisilta@gmail.com
tel : 06-6868-9382

今月も、どうぞよろしくお願いします。

OCICA取り扱い終了のお知らせ

イメージ
【OCICA取り扱い終了のお知らせ】

当店をオープンしたのは、2012年12月。東日本大震災が起こった翌年で、ピエニシルタとしても何かできることはないかと考えていたところ、たどり着いたのがOCICA(オシカ)でした。

OCICAは、つむぎやさんが、宮城県石巻市・牡鹿半島にある牧浜のお母さんたちとつくり上げた、手仕事のブランドです。

はじめに手掛けられたアクセサリーは、牡鹿半島ならではの素材である鹿角と漁網で作られたアクセサリーで、商品一点ごとに、売り上げの一部が作り手の収益となるというもの。

また、『OCICA 石巻 牡鹿半島 小さな漁村の物語』という1冊の本もつくられていて、本書では、このプロジェクトに関わってこられた人たちのこと、その土地の物語などが語られています。

この本とアクセサリーを取り扱うことで、ピエニシルタとして少しでも復興に関われたら……。そんな思いで、OCICAの取り扱いをはじめました。



また、2013年10月には実際に石巻のお母さんたちを訪ねて、作業風景を見学させていただいたり、ネックレスづくりを体験させていただいたりしました。

震災の復興が思うように進まないなか、つむぎやのスタッフさんとお母さんたちはあたたかく迎えてくださって、本当にうれしかったことを今でも覚えています。



商品を取り扱わせていただくようになって、いろいろな出会いもありました。

はじめは、当店のお客さまが、ご自分用や、友人やお母さまへのプレゼント用にとお買い求めいただくことがほとんどでしたが、そのうち、男女問わず、ご遠方からOCICAを求めてご来店くださり、はたまた当店のことなんて知りもしなかった男子高校生が、ネットで当店を調べ、わざわざOCICAを求めてやって来てくれたり......(それも、彼女さんへのプレゼントでした!)

その度に、お客さまといろいろなおはなしをして、みなさんが震災のことを忘れずにいること、遠くにいながらも思いを馳せていることを感じて、何度も胸を熱くしました。

OCICAは、わたしにとって、そんな多くの出会いをくれた存在でもありました。

そんなOCICAのプロジェクトも、この度終わりを迎えるとの知らせを受けました。
ピエニシルタにとって、OCICAの販売は、単なるモノを届けるということだけではなく、その背景まで含めて、人と人とを繋ぐことだったように思いま…

あめかな!

イメージ
『あめかな!』
U.G.サトー 作・絵 出版社 福音館書店 発行年月日 2009年5月30日
※月刊「こどものとも0.1.2.」2003年7月号
定価 本体800円+税