投稿

3月, 2014の投稿を表示しています

バナナです

イメージ
『バナナです』
作 川端誠 出版社 文化出版局 発行日 1984年9月16日 定価 ¥600+税

ご覧の通り、バナナです。
ページをめくると、少し皮がむけました。バナナです。 さらにページをめくると・・・

全部むけました。バナナです。


次のページは、木になったままの緑色をしたバナナ。その次は、木から採った房のままのバナナ。さらにその次は、熟して黄色く色づいたバナナ・・・。
最後の1ページを除けば、いくらページをめくっても「バナナです」、「バナナです」、「バナナです」、の一点貼り。(笑)
それなのに、思わずまた最初から読み返したくなるような、なんともおもしろい絵本です。

ちなみに同シリーズに『いちごです』と『りんごです』があり、もう少し大きいお子さんには『すいかです』、『みかんです』がおすすめ。
シンプルな繰り返しが楽しい1冊です。

チリとチリリ

イメージ
『チリとチリリ』
作 どいかや 出版社 アリス館 発行日 2003年5月1日 価格 ¥1,200+税

当店によく遊びに来てくれる、笑顔が素敵な小学生のおんなのこ。最近『わたしの読書ノート』に読んだ絵本の感想を書き留めていて、それを読ませてもらうのが、私のここ最近の楽しみだったりします。
今日はその子に許可をもらって、その読書ノートからひとつ抜粋してみなさんにご紹介します。

“ このえ本をよんでみたら、とってもおなかがすき、おなかから「ぐー!」ときこえてきました。とくに1番食べたいと思ったのは、にんじんパンのゆずサンドが1番、食べたいと思いました。「チリとチリリ」のおはなしはいろいろあるから、おもしろいな~っと思いました。わたしはチリとチリリのおはなしは3さつしかしらないのでいっぱいよんでみたいな ”


たしかに、チリとチリリが向かった森の喫茶店やサンドイッチ屋さんでは、胸がときめくような素敵なメニューがたくさん登場します。
こんな感想を読んだら、残り3冊も読んでもらいたくってうずうずしてしまいます(笑)。

読んでいると、わくわくして、どきどきして。夢がどんどんふくらんで。そんな「チリとチリリ」シリーズ、1作目のお話です。

母の友 2014年4月号

イメージ
『母の友 2014年4月号』
表紙絵 100%ORANGE 出版社 福音館書店 発行年月日 2014年4月1日 価格 ¥505+税

ブーンブーンひこうき

イメージ
あかちゃんのりものえほん 『ブーンブーンひこうき』
作 とよたかずひこ 出版社 アリス館 発行年月日 2007年11月1日 定価 ¥800+税

にじ

イメージ
『にじ』
詩 新沢としひこ 絵 あべ弘士 出版社 アスク・ミュージック 価格 ¥1,500+税

おたまじゃくしのしょうがっこう

イメージ
『おたまじゃくしのしょうがっこう』
作 かこさとし 出版社 偕成社 価格 ¥1,100+税