投稿

8月, 2013の投稿を表示しています

わにわにのおふろ

イメージ
『わにわにのおふろ』
作 小風さち 絵 山口マオ 出版社 福音館書店 税込価格 ¥800+税

コトコトでんしゃ

イメージ
『コトコトでんしゃ』
作 とよた かずひこ 出版社 アリス館 発行年月日 2007年11月1日 価格 ¥800+税

サンタのなつやすみ

イメージ
『サンタのなつやすみ』

作 レイモンド・ブリッグズ 訳 作間由美子
ブックデザイン 田辺卓
本文書き文字 藤山秀子 出版社 あすなろ書房 発行年月日 1998年5月15日 価格 ¥1,300+税
※原書『FATHER CHRISTMAS GOES ON HOLIDAY』1975年発行(イギリス)


ひまわり

イメージ
この前の定休日は用があって神戸の方へ出掛けていたのですが、駅やまちなかで、ひまわりを抱えた人を何人も見かけました。それも花束ではなく、自宅用といった感じの切り花です。
ひまわりには、そこにあるだけでその場の空気がぱっと明るくなるような、不思議なちからがあるように思います。今日は、そんなひまわりを丁寧に描いた絵本をご紹介します。

『ひまわり』
作 荒井真紀 出版社 金の星社 価格 ¥1,200+税 発行月 2013年6月

土に種をまいてから、根が伸びて、芽が出て、ぐんぐん大きくなって、やがてつぼみができて花が咲き種ができるまでの様子が、なんとも繊細に描かれています。
細部にわたるまで丁寧に描きこまれた絵は、まるで本物のひまわりのよう。

今の時期は、まるで太陽のように、きらきらと元気いっぱいに咲いているひまわりですが、「あのひまわりは、どうやって大きくなったのかな?」、「これからどうやって種を付けるのかな?」と、この絵本を通して考えてみるのもおもしろいですね。
子どもが抱いている興味や関心に寄り添って、それをふくらませたり、深めたりしてくれそうな絵本です。

※関連書籍『あさがお