投稿

2月, 2014の投稿を表示しています

いちごばたけのちいさなおばあさん

イメージ
『いちごばたけのちいさなおばあさん』
作 わたりむつこ 絵 中谷千代子 出版社 福音館書店 価格 ¥800+税

あそぼうよ

イメージ
『あそぼうよ』
作 レオ・レオニ 訳 谷川俊太郎 出版社 好学社 価格 ¥850+税

チリとチリリ ゆきのひのおはなし

イメージ
『チリとチリリ ゆきのひのおはなし』
作 どいかや 出版社 アリス館
発行日 2010年2月10日
価格 ¥1,200+税

初雪が降り始めた午後のこと、チリとチリリが自転車で出掛けると、森の奥に氷の扉を見つけました。中に入ってみるとシカとサルがいて、いろいろなカップが並んでいます。2匹はチリとチリリに、りんごとニッキのホットフルーツパンチを入れてくれました。
すっかり体も温かくなって、さらに氷の廊下を進むと、動物たちが集まる大広間に着きました。そこでビー玉遊びに混ぜてもらったり、温泉に浸かったり・・・。
チリとチリリの、雪の日のお話です。

* * * * * * *
どのページも繊細で愛らしく、ページをめくるたび心が躍るようです。そんな中でも特に私が好きなのは、チリとチリリが温泉に入るシーン。
お花のつぼみが凍ってできているビー玉を、チリとチリリがお湯に入れると、その氷がとけて、ぱあっと花が開くんです。その様子には、何度読んでもうっとりしてしまいます。
大広間のシーンでは、編み物をしたり、本を読んだり、演奏をしたり・・・と、 動物たちが思い思いに好きなことをして楽しんでいます。それが見開きに描かれていて、ここからまたお話が始まりそう。
おだやかで、きらきらした、チリとチリリの1日です。