投稿

3月, 2013の投稿を表示しています

がちゃがちゃどんどん

イメージ
『がちゃがちゃ どんどん』
作 元永定正 出版社 福音館書店 発行日 1990年4月10日 ※月刊「こどものとも年少版」1986年9月1日発行 価格 ¥800+税

絵本『もこ もこもこ』(谷川俊太郎文)や『もけらもけら』(山下洋輔文)、『ころころころ』などの作品を手掛け、1991年には前衛画家として初めて紫綬褒章を受賞した元永さん。
彼の抽象絵画はユーモアたっぷりで、ふしぎで、明るくて、それでいて楽しい。
そんな彼の数ある絵本のなかでも、個人的には1、2を争うくらいおすすめの絵本です。

たくさんの音が、絵によって表現されています。それとも、絵に合わせて音が添えられているのでしょうか。奥付に書かれている本作品の英題が『SOUNDS YOU FEEL FROM SHAPES』なので、絵が先なのかもしれません。

いずれにしても、その自由で楽しいことといったら!

そのなかでも 「とん ちん かん」 の見開きページは、言葉と絵がなんともうまくマッチしていて、個人的にはお気に入りのページです。

子どもたちには、ぜひこんな絵本も味わってほしい。
ここから広がったり、深まったりする何かに、こっそりと期待して。

つぎ、とまります

イメージ
『つぎ、とまります』
作 村田エミコ 出版社 福音館書店 価格 ¥800+税

はまべにはいしがいっぱい

イメージ
『はまべにはいしがいっぱい』
作 レオ・レオニ 訳 谷川俊太郎 出版社 好学社 価格 ¥1,500+税

OCICA

イメージ
“地域に眠る物語に手を添えてカタチにし、それをさしだす人・うけとる人、双方の人生がより豊かになるような関係性を紡いでいく”

そう掲げるつむぎやさんから、東北のお母さん達による手仕事のブランド“OCICA”(オシカ)のアクセサリーと、このOCICAができあがるまでの物語をまとめた書籍『OCICA 石巻 牡鹿半島 小さな漁村の物語』が届きました。

ぼくのかえりみち

イメージ
『ぼくのかえりみち』
作 ひがしちから 出版社 BL出版 発行年月日 2008年10月1日 価格 ¥1,300+税