2014/07/24

まほうの夏

『まほうの夏』

作 藤原一枝
画 はたこうしろう
出版社 岩崎書店
発行日 2002年5月10日
価格 ¥1,300+税


夏休み。お父さんとお母さんは仕事です。
“きょうも、学校のプールとゲームと麦茶。それとポテトチップス。
あーあ、なにかおもしろいことないかな……。”
そんなある日のこと、田舎のおじさんから遊びに来ないかと誘われ、二人の兄弟はさっそくお母さんの田舎へと向かいました――。

* * * * * * *

都会に住む子どもたちが、突然田舎に行くと、こうなんだろうなぁ。
田舎の子たちと比べたら足だって遅いし、木登りだって、虫取りだって、うまくいかない。でも、幼い子どもたちだからこそ、毎日その環境で過ごしているうち、日に日にその環境に馴染んでいきます。
私は母方の祖父母も父方の祖父母も近くに住んでいるので、思い浮かぶ田舎がありません。だから、この絵本に出てくる兄弟がとてもうらやましく感じました。

夏休みはまだ始まったばかり。
子どもたちには、この兄弟のように、この夏をめいっぱい楽しんでほしいなと思います。