2014/09/06

バルバルさん

『バルバルさん』

文 乾栄里子
絵 西村敏雄
出版社 福音館書店
発行日 2008年3月15日
※月刊「こどものとも年中向き」2003年1月1日発行
価格 ¥800+税


バルバルさんの床屋に、ある朝ライオンがやってきました。たてがみがすっかり絡まってしまって、困っているのだそう。
そこでバルバルさんは、丁寧に短く切ると、最後にブラシでとかしました。ライオンはお礼を言うと、満足げに帰っていきました。
バルバルさんの床屋には、その後もワニにヒツジに・・・と、次々に動物がやってきます。
なんとも、変わったお客さんばかりの1日。でも、それには訳がありました――。

* * * * * * *

町の外れにある、青い屋根の小さな床屋さん。
そう聞いただけで、なんだかとっても素敵なのに、そこにはなんと動物たちまで髪を切りに――いいえ、“毛を刈りに”と言った方が良いのか、はたまた、カツラを合わせにやってくる動物もいるのだけれど、とにかくいろいろな訳があって――やってくるのだから、わくわくせずにはいられません。

次はどんな動物が、青い扉を開けてやってくるのかな?
バルバルさんは、この動物をいったいどんな風に仕上げるんだろう。

ページをめくるたびにそんな期待がふくらみます。

誰がやってきても、「どうぞ こちらへ」と快く迎え入れるバルバルさんの姿勢にも、あっぱれです。
このお話を読んで、床屋さんになりたい!って言う子ども、きっといるだろうなあ~。