2014/10/08

母の友 2014年11月号

『母の友 201411月号』

出版社 福音館書店
発行年 2014111
価格 ¥505+税


今月号の母の友は、いつもとちょっと違います。

というのも、「こどもに聞かせる1日1話」と題した特別企画で、なんと30編もの短編童話がぎゅぎゅっと収録されているのです。
その割合は、なんと母の友100ページ中の、61ページ!
どどーんと贅沢な特集なのです。

プロの方の描きおろし作品もあれば、公募作品もあり、ひとつひとつのお話には、井上洋介さんや片山健さんや、スズキコージさん・・・といった名立たる方たちの挿絵が添えられていて、見応えもたっぷり。
おやすみ前に読むのはもちろん、移動時間や病院の待ち時間など、ちょっとした合間に子どもと読めるような、ちょうど良い長さも嬉しいところ。母の友は小ぶりな雑誌なので、持ち運びにもぴったりです。

その他、谷川俊太郎さんによるインタビューや、放射能の「可視化」に取り組む、写真家・加賀谷雅通さんの特集など。


* * * * * * *

ちなみに・・・
30編もの短編童話は、どれもおもしろかったけれど、私は、むかいもと実穂さんの「石ころのおひっこし」(公募作品かな?)と、安江リエさんの「なこちゃんとカータロウ」が、特に好きでした。(カータロウの方は、「こどものとも」で一度絵本になっているみたい。)

それからスズキコージさんの「ギッコンじいちゃん」も、口ずさみたくなってしまうようなリズムで、すごく楽しかったです。

“あっちのやまから おひさまが
ギッコン ギッコン あがってくるので
ギッコン オハヨー ギッコン オハヨー”
(スズキコージさん「ギッコンじいちゃん」より)