2014/11/13

フレデリック

『フレデリック ちょっとかわったのねずみのはなし』

作 レオ=レオ二
訳 谷川俊太郎
出版社 文化出版局
発行日 1969年
※原書『FREDERICK』
価格 ¥1,456+税


冬が近づき、小さな野ねずみたちは、食べるものを集めるため、昼も夜も働きました。
けれど、フレデリックだけは違っていて、みんなが聞いても、お日さまの光や、色や、ことばを集めているのだと言いました。

そうして、冬がやってきました。始めのうちはたくさんあった食べものも、少しずつ減っていきました。凍えそうで、おしゃべりをする気にもなれません。

“きみが あつめた ものは、いったい どう なったんだい”
そう、みんなに聞かれたフレデリックは・・・。

* * * * * * *

サブタイトルにもあるように、5匹の野ねずみのうち、フレデリックだけがちょっと変わっています。

でも、誰も、フレデリックを無理に働かせようとはしません。
そりゃあ、4匹の野ねずみたちだって、少しくらい腹を立てることはありましたが、「どうして?」とか「なにしてるんだい?」と聞くくらいで、あとはフレデリックの好きなようにさせています。(みんな寛大ですね。)

でも、5匹みんながフレデリックのようだと、やっぱり少し困ったもの。かと言って5匹みんなが他の野ねずみのようでもつまらない。
それぞれには、それぞれの役割があることを、認め合えるからこそおもしろいのですよね。

中でも私が大好きなシーンは、フレデリックがみんなに色を感じてもらうところ。
絵も、言葉も、とても良いんですよ。

それがどんな色かは、絵本を読んでからのお楽しみ。

ただ今レオ・レオ二さんの絵本をご購入いただくと、
もれなくお好きなコースターを1枚プレゼントします。
この機会にぜひ!