2014/11/14

あかちゃんがわらうから

『あかちゃんがわらうから』

作 おーなり由子
装丁 秦好史郎
出版社 ブロンズ新社
発行日 2014年10月25日
価格 ¥1,400+税


あかちゃんが、わらう。
おかあさんが、嬉しいときも、悲しいときも、
心を心配事でいっぱいにしているときも。

おかあさんは、ときどきすごく弱くなる。
不安はあちこちからこぼれ落ちてきて。

そんなとき、あかちゃんは教えてくれます。
「うれしいこと あるよ」って。
だっこも、朝のにおいも、やさしい声も・・・
うれしいことぜんぶ、ここにあるよ!って。

* * * * * * *

先日、ご出産されたお客さまから、「産まれました」のご報告といっしょに、赤ちゃんの写真が届きました。

昨日は、まだお腹の中にいた赤ちゃん。産まれたばかりの、間もない赤ちゃん。
それだけで、胸がいっぱいになりました。

子どもたちのことを“ふんすいみたいな ひかりをまきちらして”という、
おーなりさんの表現は、本当にぴったりだなぁと思います。

ちいさな子どもが、ただそこにいるだけで、その場が陽だまりのようになる感覚。
公園で、電車で、エレベーターの中で・・・。小さな子どもがその場にいるだけで、疲れた顔のおばあちゃんが微笑んだり、眉間にしわを寄せたおじさんの顔がゆるんだり。

読み終わったら、子どもたちをぎゅっと抱きしめたくなるような、そんな1冊です。