2014/11/18

はりねずみかあさん

0.1.2.えほん
『はりねずみかあさん』

作 M.ミトゥーリチ
絵 まつやさやか
出版社 福音館書店
発行日 1999年5月15日
※月刊「こどものとも0.1.2.」1996年1月1日発行
価格 ¥700+税


はりねずみかあさんは、おいしいりんごを見つけました。
赤いりんごと、青いりんご。
背中に乗せて、よいしょ、こらしょ。

急いで帰った先に待っていたのは、2匹の子どもたちでした。

“よいしょ こらしょ”の繰り返しが楽しく、赤ちゃんから楽しめる絵本です。

* * * * * * *

はりねずみのお母さん、最初は優しい表情でりんごを運んでいますが、りんごがふたつになって、坂道の勾配もきつくなると、どんどん険しい表情に・・・。

でも、おいしそうにりんごを頬張る子どもたちを見ると、とっても幸せそう。

絵を手掛けられているのは、ロシアの画家、マイ・ミトゥーリチさん。淡く澄んだ色彩が、とてもきれいです。

おだやかな、親子の様子を描いた1冊です。

※「0.1.2.えほん」シリーズは、福音館書店さんが毎月発行されている月刊誌「こどものとも0.1.2.」を、単行本化したものです。