2015/04/06

母の友 2015年5月号

『母の友 2015年5月号』

出版社 福音館書店
発行年月日 2015年5月1日
価格 ¥505+税


今月号ひとつ目の特集は、“どうして食べてくれないの?好ききらいの真実”。
子どもの好ききらいを、大人の私たちはどう考え、どんな風に対応していくべきか、「こどもの食」について迫った特集です。

みなさんは、子どものころ、好ききらいがありましたか?今も、きらいな食べものがありますか?

私自身はというと、昔から好ききらいの少ない子どもでした。でも、思い返してみると、なぜか「ミートスパゲティ」だけはすこし苦手で(笑)。今は大好きなのに。なんでかなあ、と思っていたのだけれど、今月号の特集を読んで判明しました。
どうやら、それは“生きるための本能”だったようで。(きっと、酸味が問題だったんだろうなあ、と。詳しくは本誌をご覧ください。)

今、子どもの好ききらいに困っていたり、悩んでいたりしたら、「これでいいんだ」と、ほっとしていただけるかもしれません。
“こどものために”と、がんばるお母さんやお父さん、先生方にこそ、届けたい特集です。

ふたつ目の特集は、“おいしい絵本”。
子どもたちの大好きな“おいしい絵本”の紹介のほか、なぜ子どもたちは食べものの絵本が好きなのか、その実態に迫ります。

この2大特集のほか、今回も見応えのある記事が並んでいます。
本の紹介コーナーでは、夏葉社さんの『本屋会議』が紹介されていました。当店でも取扱いがございますので、冒頭の「はじめに」だけでも、末尾のカラー写真だけでも、ぜひご覧になってみてください。好きな本が、好きな雑誌で紹介されているのは、すごくうれしいです。

来月号の特集は、“お父さんという生きもの”と“字のない絵本を「読む」”です。どうぞお楽しみに。