2015/06/25

ぼくのくれよん

『ぼくのくれよん』

作・絵 長新太
出版社 講談社
発行年月日 1993年4月20日
価格 ¥1,400+税


ぞうのくれよんは、大きいくれよん。

ぞうが、青いくれよんでびゅーびゅー描くと、
かえるは池だと思って飛び込みました。

赤いくれよんでびゅーびゅー描くと、
動物たちは火事だと思って逃げ出しました。

そうして今度は、黄色のくれよん。
ぞうがまた、びゅーびゅー描くと・・・?

* * * * * * *

とってもダイナミックで、気持ちのいい絵本です。

動物たちは、ぞうが何かを描くたびに騙されるので、なんだかちょっぴりかわいそう。でも、こんなたのしい絵だったら、騙されてもいいかなあ。

もしも私が、ぞうくらい大きくて、これくらい大きなくれよんを持っていたら何を描こうかな。そんなふうに考えてみても、わくわくしてしまいます。

そういえば学生のころ、学校内の道路に、チョークで絵を描く授業がありました。大学で幼児教育の勉強をしていたころの、美術の授業でした。
あれは楽しかったなあ。チョークを持って、道路に寝っころがって。体操服で、なにもかもお構いなしに、大きな大きな絵を描いて・・・。
このぞうを見ていると、そのときの気分を思い出してうれしくなりました。

描きたいだけ、描く。思いのままに。やりたいことを、やりたいだけ・・・。長新太さんらしい、のびやかな絵本です。