2015/07/03

おやすみなさいコッコさん

『おやすみなさいコッコさん』

作・絵 片山健
出版社 福音館書店
発行年 1988年1月30日
※月刊「こどものとも年少版」1982年9月1日発行
価格 ¥800+税


起きているのは、お月さまだけ。
そんな夜に、ひとり眠っていない子どもがいました。

コッコさんです。

お月さまはコッコさんに、言いました。
「もう そらの くもも ねむったよ」

でもコッコさんは、
「そらの くもが ねむっても
コッコは ねむらないもん」なんて、
ずっとこんな調子です。

池の水も、魚も、
それから、鳥も、犬も、おにいちゃんも・・・

みんなが眠る、夜のこと。
あたたかな月明かりが照らすおはなしです。

* * * * * * *

お月さまとコッコさんのやりとりが、とてもかわいい絵本です。

コッコさんは、お月さまが何を言っても、「○○が ねむっても コッコは ねむらないもん」の一点張り。でもだんだんと、コッコさんのまぶたが重たくなっていくのが、絵本からも伝わってきます。読んでいるこっちまで、なんだかふわふわして、思わずうとうと・・・。

お月さまのやわらかな語り口調が、心地良く耳に響きます。包まれるように眠りにつくコッコさんが、ちょっぴり羨ましくも思いました。

そうそう、表紙でコッコさんが読んでいる絵本は、『りんごのき(福音館書店刊)ですね。『りんごのき』の主人公も、コッコさんと同い年くらいかな。こちらもおすすめの1冊です。