2015/08/19

あしにょきにょき

 『あしにょきにょき』

作・絵 深見春夫
出版社 岩崎書店
発行年 1980年10月20日
価格 ¥1,100+税


ある日、ポコおじさんのもとに、
大きな空豆を持った男の人が訪ねてきました。

食べることが大好きなポコおじさん。

「これは めずらしい!
ぜひ うってください」

そう言うと、さっそく空豆を煮て食べました。

すると、どうしたことでしょう。
ポコおじさんの左足はにょきにょき伸びて、
家を飛び出し、どんどこどんどこ伸びていき・・・。

* * * * * * *

『そらとぶパン』(PHP研究所刊)や、『へんてこマンション』(佼成出版社刊)でおなじみの、深見春夫さんのデビュー作です。

ゆかいで、たのしくて。少しハラハラもするけれど、やっぱりおもしろくて、ページをめくる手がわくわくします。ポコおじさんが食べた大きな空豆も、なんだかとってもおいしそう・・・。

“どんどこ どんどこ”と伸びていく、ポコおじさんの左足。町のみんなは、突然現れた足に口を開けて驚きます。その様子が、なんともまぬけでかわいい。

ところで、空豆を売りに来た男の人は、だれだったのかな。
ああおもしろかった!と同時に、ふしぎな余韻がちょっぴり残る1冊です。