2015/08/22

おうちなのね

 『おうちなのね』

文 中川ひろたか
絵 100%ORANGE
出版社 ブロンズ新社
発行年 2004年9月1日
価格 ¥850+税


赤いワンピースを着た女の子が、
地面に線をひいています。

しかくを描いたら、「おうちなのね」。

おうちの中でごはんを作って、
食べ終わったら、お買いもの。

バッグを持って、「いってきまーす」。

ところが雨が降ってきて・・・。

* * * * * * *

ブロンズ新社さんの「ファーストブックシリーズ」のうちの、中川ひろたかさんと100%ORANGEさんのコンビによる絵本です。

お二人のこのシリーズは、全部で6冊。『スプーンさん』、『コップちゃん』、『くつしたくん』の、身近な“もの”が主役のシリーズと、『ふねなのね』、『バスなのね』と、この『おうちなのね』の、ごっこ遊びのシリーズがあります。

短くてシンプルなことばと、げんきで愛らしい絵が、とてもいいなあと思います。小ぶりなサイズもうれしい。

そういえばわたしも小さいころ、道路にチョークで絵を描いて、小さなまちを作ったりしていました。なつかしいな。この『おうちなのね』を読んで、そんなことを思い出しました。