2015/08/31

みどりのしっぽのねずみ

『みどりのしっぽのねずみ
かめんにとりつかれたねずみのはなし』

作 レオ=レオ二
訳 谷川俊太郎
出版社 好学社
発行年 1973年
価格 ¥1,456+税


森の奥まった片隅で、
野ねずみたちが平和に暮らしていました。

ところがある日のこと。
野ねずみたちは、通りかかった1匹の町ねずみから、
“マルディ・グラ”というお祭りの話を聞きました。

「ぼくらも、マルディ・グラを やろう!」

そこで彼らは、
飾り付けをして、仮面をかぶりました  

* * * * * * *

“マルディ・グラ”のことを、わたしはこの絵本ではじめて知りました。はっきりとしたことは分かりませんでしたが、調べてみると“マルディ・グラ”というのは謝肉祭の一種で、古くからヨーロッパやアメリカで行われていたお祭りのことだそうです。

おはなしの中の野ねずみたちは、このお祭りに夢中になります。仮面をかぶり、恐ろしい獣になりきった彼ら。お祭りを楽しむことなんてすっかり忘れて、お互いにお互いを怖がって、やがて平和を失っていきます。

絵本を閉じて、わたしたち自身に置き換えてみたら・・・と、考えました。仮面は、わたしたちにとってのなんだろう、とも。もちろん答えは、ひとつでないのだけれど。

“ほんとの ねずみに もどって、おたがいに こわがったりせず、たのしく いきて ゆきたいと おもうのは、いい きもちだった”

おはなしの野ねずみたちは、仮面を取ることができて、そんな風に思いました。そう気付くことができて、本当に良かった。

ところが、このおはなしは、思わぬ終わり方をします。少なくとも、わたしにとってはそうでした。

きっと、作者のレオ=レオ二さんが、わたしたちに投げかけているんじゃないかな。平和について考えるとき、すこし立ち止まって、このおはなしにも触れてみてもいいかもしれません。