2015/08/06

くまくんのおともだち

 『くまくんのおともだち』

文 E・H・ミナリック
絵 モーリス・センダック
訳 松岡享子
出版社 福音館書店
発行年 1972年6月1日
※原書『LITTLE BEAR’S FRIEND』(アメリカ)
価格 ¥1,000+税


ある日のこと、こぐまのくまくんは、
道に迷っていた1人の女の子と出会いました。

名前はエミリーと言って、
夏のあいだ、家族で森に来ていました。

くまくんとエミリーは、
すぐに友だちになりました。

2人は、あひるのあかちゃんのおもりをしたり、
ふくろうのパーティーに参加したり。

けれど夏が過ぎ、
エミリーは、とうとうくまくんに
さよならを言いにきました・・・。

* * * * * * *

全5巻からなる「はじめてよむどうわ」シリーズの、3作目のおはなしです。

本作もまた短編集になっていて、「くまくんとエミリー」、「あひるくんのおもり」、「ふくろうのパーティー」、「『あなたのともだち、こぐまのくまより』」の、4話が収録されています。

目をつぶると風のうたがきこえ、こりすやことりが集まってくる・・・そんな環境で、くまくんは暮らしています。センダックさんが描く細い線の絵は、とてもきれい。淡い緑と茶色で色付けされた挿し絵からは、森のにおいが、爽やかな風に乗って伝わってくるようです。

エミリーとの別れは切なく、くまくんにとって辛いものでもありましたが、父さんと母さんのすてきな提案のおかげで、沈んだ気持ちもすこし前を向けたようです。

離れていても、ずっと友だち。次の夏、また会えるかな?
2人の再会を想像すると、にっこりうれしい気持ちになります。



※簡単な漢字表記があります。