2016/05/21

しゃぼんだまとあそぼう

『しゃぼんだまとあそぼう』

文と構成 杉山弘之、杉山輝行
写真 吉村則人
絵 平野恵理子
出版社 福音館書店
発行年月日 1993年6月10日
価格 ¥900+税


しゃぼんだまの液はどうやって作るの?
大きいしゃぼんだまを作るには、どうしたらいいのかな?

工夫次第で、いろいろな楽しみ方ができるしゃぼんだま。
飛ばす道具は、ストロー、はりがね・・・それから他にもたくさん!

しゃぼんだまの魅力が、ぎゅっと詰まった1冊です。

* * * * *

作者の“杉山兄弟”は、ギネス記録を持つしゃぼんだまアーティスト。昭和40年代、あるTV番組で紹介されたことをきっかけに、各地でしゃぼんだまショーを開かれたり、舞台演出のお仕事をされたりと、幅広く活躍されています。

本書では、いろいろな方法でしゃぼんだまを楽しむ子どもたちの様子が写真で紹介されています。遊び方のコツやヒントは、説明書きを交えながら紹介されていますが、その文章には小さなイラストが組み込まれていて分かりやすいです。(ちなみに、イラストは平野恵理子さん)

巻末には、「杉山しゃぼんだまきょうだいがそっと教える じょうずなしゃぼん液の作り方」付き。

『しゃぼんだま“で”あそぼう』ではなくて、『しゃぼんだま“と”あそぼう』というタイトルもいいなあと思います。この絵本を読んだ子どもたちが、しゃぼんだまと、もっともっと仲良しになれたらいいですね。