2017/12/25

ペチューニアのクリスマス

 
『ペチューニアのクリスマス』

作・絵 ロジャー・デュボワザン
訳 伏見操
ブックデザイン 橋本有希子
出版社 復刊ドットコム
発行年月日 2012年11月15日
※原書『PETUNIA'S CHRISTMAS』1952年発行
本体価格 ¥1,800+税


ガチョウのペチューニアは、
ある日、チャールズと名乗る大きなガチョウに出会い、恋をします。

しかし、食用として飼われているチャールズは、
金網に囲われた小さな庭で暮らしています。
大きな体も、クリスマスのために太らされているからだとか。

そこでペチューニアは、
チャールズを逃がす方法を考えました。

* * * * *

おっちょこちょいで、ちょっぴりおばかさんなペチューニア。
それでも、いつもひたむきな彼女の姿を見ていると、
こちらまで前向きな気持ちになります。

ペチューニアを見ていると、
大切なひとがいるからこそ、頑張れるのだと思います。
そして、そんなひとがそばにいるって素敵だなあ、とも。

本書は、「ペチューニア」シリーズのうち、
『ペチューニアのうた』とともに、新訳で30年ぶりに復刊したもの。

さて、ペチューニアは、
無事にチャールズを救い出すことができたのでしょうか。
それは、本を開いてからのお楽しみです。



「ペチューニア」シリーズ(2017年12月現在)
『おばかさんのペチューニア』松岡享子訳/佑学社(1978年)絶版
『ペチューニアすきだよ』乾侑美子訳/佑学社(1978年)絶版
『ペチューニアのたからもの』乾侑美子訳/童話館出版(1998年)重版未定
『がちょうのペチューニア』松岡享子訳/冨山房(1999年)
『ペチューニアごようじん』松岡享子訳/冨山房(2000年)重版未定
『ペチューニアのだいりょこう』松岡享子訳/冨山房(2002年)重版未定
『ペチューニアのうた』伏見操訳/復刊ドットコム(2012年)