2014/12/27

子どもと楽しむ 行事とあそびのえほん

『子どもと楽しむ 行事とあそびのえほん』

作 すとうあさえ
絵 さいとうしのぶ
出版社 のら書店
発行月 2007年6月
価格 ¥1,300+税


おせちに「えび」を入れるのは、どうしてだっけ。
どうしてお花見は、「桜」の下でするのかな。
端午の節句に「かしわもち」を食べるのは、どうしてだろう。

季節の行事には、きっとそれぞれ意味があるはずなのに、
ひとつひとつ考えてみれば、知らないことばかり。

この本では、季節の行事と自然のあそびが、たくさん紹介されています。

おおまかな目次は、以下の通りです。

1月 お正月
2月 節分
3月 ひな祭り/春のお彼岸
4月 お花見/春の野の草、花とあそぼう/春の虫たちとあそぼう
5月 端午の節句/母の日・父の日はじまりものがたり
6月 雨の日のさんぽ/雨がすきな虫、花/雨の日の室内あそび
7月 七夕/夏といったら水あそび!
8月 夏の花あそび/夏の虫とあそぼう/お盆
9月 お月見/秋の虫の紹介/敬老の日
10月 紅葉の秋とあそぼう/秋の葉っぱとあそぼう/どんぐりとあそぼう
11月 七五三
12月 冬至/クリスマス/大そうじ/大みそか

絵本に登場するのは、ある5人家族で、その家族といっしょに1年の行事やあそびを味わえるようになっています。
絵は、『あっちゃんあがつく』でお馴染みの、さいとうしのぶさん。細かく書き込まれた絵はとってもすてきだし、全ページカラーなのも、うれしいところです。

いつでも手の届くところに置いて、1年をいっしょに過ごしたい、そんな1冊です。