2015/05/25

チムとシャーロット

『チムとシャーロット』

作 エドワード・アーディゾー二
訳 なかがわちひろ
装丁 辻村益朗
出版社 福音館書店
発行年月日 2001年7月10日
価格 ¥1,400+税


ある日のこと、
チムとジンジャーが浜辺を歩いていると、
海に女の子が浮かんでいました。

気を失っていたその子を抱え、
2人は、チムの家へと運んでいきました。

しばらくして、
目を覚ました女の子でしたが、
なんと、記憶をなくしまっていたのです。

そこで、シャーロットと名付けられたその子は、
チムの家で暮らしはじめました  

* * * * * * *

前作『チム、ジンジャーをたすける』で、チムとすっかり仲良しになった男の子、ジンジャー。彼は、航海のあと、帰るところがなく、チムの家でいっしょに暮らし始めます。そんな彼らのもとに、突然やってきたのがシャーロットです。

シャーロットが来てからというもの、ジンジャーはふくれていました。みんながシャーロットを気にかけ、シャーロットもとってもいい子なので、やきもちを焼いていたんですね。
シャーロットは、記憶をなくしていたものの、ここでの暮らしを本当に楽しんでいました。

ところが、シャーロットの思いとは裏腹に、もといたお屋敷に帰ることになって・・・。

私が大好きなシーンは、そんなシャーロットが、チムの家に戻ってくるところ。
両手をあげて喜ぶ、チムとジンジャーとシャーロットの3人は、子どもらしくて、とってもかわいいです。

(ただ、ここでもやっぱりシャーロットが真っ先に呼ぶのは「チム!」で、なんだかジンジャーを応援したくなります。がんばれ、ジンジャー!)

本書は、著者のアーディゾー二さんが、姪の“シャーロット”ちゃんに贈られたおはなしだそう。

自分の名前が、こんなにたくさん出てくるおはなし。それも、絵本の“シャーロット”ちゃんは、みんなから本当に大切にされています。うれしいだろうなあ。そんな粋なところも、アーディゾー二さんの魅力です。