2015/08/08

ぼくからみると

 
『ぼくからみると』

文 高木仁三郎
絵 片山健
出版社 のら書店
発行年 2014年7月10日
価格 ¥1,400+税


夏休みの、ある日。
昼過ぎの、ひょうたん池。

よしくんが池で釣りをしていると、
しょうちゃんが自転車で走ってきました。

“じてんしゃの しょうちゃんから みると……”

“つりをしている よしくんから みると……”

“いけのなかの さかなが みたら……”

同じとき、同じ場所にいても、
見える世界は違っています。

似通った景色もあれば、まるで違うってことも。

それでもやっぱり近くにいて、
同じ空気を吸っている  

片山健さんの油絵は、
鳥肌が立つくらいきれいです。

草のにおいや土のにおい、
肌を照りつける太陽の日差し、
風があたって葉がこすれる音、
生きものたちの息づかい・・・

ページをめくるたびに、
感覚が研ぎ澄まされていくような感じがして
どきどきします。

子どもたちはここに、何を感じるのかな。

たしかな余韻の残る1冊です。