2015/10/28

わたしのすきなもの

『わたしのすきなもの』

作 フランソワーズ
訳 中川千尋
出版社 偕成社
発行年月 2005年11月
価格 各¥1,200+税


わたし、いきものが好き。
おいしいものも好きだし、夏休みも好き、
それに本も、サーカスも・・・。

わたしの“好き”が、たくさん並びます。

あなたの好きなものは、なあに?

* * * * * * *

昨日ご紹介した『おおきくなったらなにになる?』と同じ、フランソワーズさんの絵本です。夢や、これからしたいことを考えるのと同じように、この『わたしのすきなもの』のように、“好き”を考えるのも、また、楽しい時間です。

あなたの“好き”はなんですか?
すぐに、思い浮かびますか?

それは“もの”ですか?それとも、“こと”ですか?
それとも、誰かの名前が浮かびますか?

ただ、“好き”と言っても、いろいろなかたちがありますよね。


わたしは、生まれ育ち、こうして店を営んでいる、この町が好きです。この店に来てくださるお客さまが  もちろん、赤ちゃんや、子どもたち、小さなお客さまも含めて  大好きです。
まだまだ、至らないところも多いですが、みなさまに支えられて、この店も、この店でお客さまと過ごす時間も、かけがえのない大切な時間です。


この絵本の中では、『まりーちゃんとひつじ』の本も出てきます。“わたし”が、何度も読んだんですって。
味わいのあるやわらかな線に、深みのある色使いの彩色が、とてもきれいです。