2018/02/17

チューリップ

『チューリップ』

作 荒井真紀
出版社 小学館
発行年月日 2017年10月28日
本体価格 ¥1,500+税

 
チューリップの球根は、いつ植え付けるの?

葉っぱは球根からどんな風にのびて、
花はどうやって咲くの?
新しい球根は、どこにどうできるの?

そんな、チューリップのふしぎに迫ります。

荒井真紀さんと聞いて浮かぶのは、『あさがお』、『ひまわり』、『たんぽぽ』(いずれも金の星社刊)の、自然観察絵本。
そのうち『たんぽぽ』では、2017年度の「ブラティスラヴァ世界絵本原画展」で金のりんご賞を受賞されました。

その精密さ、美しい色使い、そして、短く無駄のない文章。子どもたちの知りたい気持ちを、やさしく受け止めてくれるような心地よさを感じます。

チューリップに限らず、それじゃあさくらの花は?すみれの花は?と、興味の対象が広がりそう。

植物について知ることは、自分をとりまく自然を知ること。
子どもたちの興味が、ここから広がったり、深まったりすることを願って。