2015/02/07

とうさんねこのすてきなひみつ

『とうさんねこのすてきなひみつ』

文・絵 メアリー・チャルマーズ(Mary Chalmers)
訳 あきのしょういちろう
出版社 童話館出版
発行日 2006年6月10日
価格 ¥1, 200+税
※原書『MR.CAT’S WONDERFUL SURPRISE』1961年(アメリカ)
※1980年に刊行された『おとうさんねこのおくりもの』(福音館書店刊)を、
新たに翻訳し、出版したものです。



「ぼくたち、ピクニックにいくんだよ!」
蛾の子どもたちが、ねこの子どもたちに言いました。

うさぎの家族も、マーモットの家族も、
同じようにピクニックへ行くと言います。
もちろん、ねこの子どもたちは、
自分たちも行きたくて、仕方がありません。

そんな子どもたちのために、
毎晩ねこのお父さんは、
かなづちと、釘と、のこぎりを持って出かけると、
こっそり、とっておきのおくりものを用意していました  

* * * * * * *

お父さんねこからのおくりものは、
それはそれは素晴らしいもので、
子どもたちは両手を広げて喜びました。

そして、お父さんの得意そうな顔といったら!

チャルマーズさんの描く動物や人の表情は、
とっても豊かで、チャーミング。

動物たちの洋服だとか、ピクニックのバスケットだとか、
細かく描かれた絵のひとつひとつを眺めているだけで、
心が躍るようです。

それにしても、
すてきなお父さん。

表紙をご覧いただいてもお分かりいただけるように、
ちょっぴり茶目っ気があるところもすてき。

家族の、あたたかなひとときが描かれた1冊です。