2015/05/26

チムききいっぱつ

『チムききいっぱつ』

作 エドワード・アーディゾー二
訳 なかがわちひろ
装丁 辻村益朗
出版社 福音館書店
発行年月日 2001年7月10日
価格 ¥1,400+税



チムとジンジャーとシャーロットは、
チムの家で、いっしょに暮らしていました。

ある日のこと、
ジンジャーが置き手紙を残して、家出をしました。

もともと、船のボーイをしていたジンジャー。
どうやら、海の暮らしが恋しくなったようです。

チムとシャーロットは、
すぐにジンジャーを探しにでかけましたが、
港を出ていく船にジンジャーを見つけ、
どうすることもできませんでした。

おまけに、2人は帰りの切符代を落としてしまい、
お金を稼ぐため、ある船へと乗り込みました  

* * * * * * *

もともとボーイの経験があったチムと、料理と裁縫が上手なシャーロット。船の乗組員たちは、2人の仕事ぶりをよく見ていて、特別子ども扱いすることもなく、仲間として声をかけたり、仕事を任せたりします。

わたしは、チムシリーズの、こういうところがすごく好きです。

さて、今回のおはなしは、家に帰れなくなったり、濃霧に見舞われたり、友だちが危険な目にあったりと、手に汗握る展開がつづきます。
それでも、友だちのために危険を顧みず立ち向かうチムと、それをサポートするシャーロット。そして、3人が無事に帰ってきて、“うれしさのあまり、いえでをした ジンジャーを しかることも わすれて”よろこんだ、チムのお父さんとお母さん。

何があっても、最後はいつもこうしてあたたかなハッピーエンド。張りつめた緊張が、ほろりとほどけるようで、本を閉じる瞬間もまた心地良いシリーズです。