2015/11/12

こうさぎと4ほんのマフラー

『こうさぎと4ほんのマフラー』

作 わたりむつこ
画 でくねいく
出版社 のら書店
発行年月 2013年12月
価格 ¥1,600+税



“うさぎまちに ゆきが ふりました。
はじめは ちらちら ふりました。
それから そらいっぱいに ひろがって、
ひるも よるも しんしんと ふりつづきました。”(冒頭より)

雪の降る日、こうさぎ4きょうだいのもとに小包が届きました。包みの中から出てきたのは、おばあちゃんが編んでくれた4本のマフラーです。

こうさぎたちは、このマフラーをして外へ行きたいと思いました。けれど雪は降りつづき、家から出られません。

「ぶなじい、どうしてるかな……さむくないかなあ……」
窓の外を見ていると、森で1番年をとったぶなの木、ぶなじいのことが心配になりました  

* * * * * * *

もりのおとぶくろ』と同じ、こうさぎの4きょうだいのおはなしです。

季節は変わって冬。前作では、緑を青々と茂らせていたあのぶなじいも、すっかり葉を落とし、寒さで凍えていました。そこで、こうさぎたちは考えます。ぶなじいをあたためてあげようと、一生懸命力を合わせます。

前作同様、わたりむつこさんの文章は、豊かで、きれいで、心地よく耳に響きます。同じ、わたりむつこさんと出久根育さんのコンビで、『ゆっくりのんのちゃん』(こどものとも年少版2014年6月号)という絵本がありますが、こちらも、文章と絵がぴったりで、わたしはお二人の作品がとても好きだなあと、思います。

とび、くるり、かりかり、こみみ。名前だって、かわいいですよ。こうさぎ4きょうだいの、おはなしです。