2014/10/22

どんぐりぼうやのぼうけん

『どんぐりぼうやのぼうけん』

作 エルサ・べスコフ
訳 石井登志子
出版社 童話館出版
発行日 19971013
価格 ¥1,400+税
※原書『OCKE,NUTTA OCH PILLERILL1939年発行(スウェーデン)


どんぐりぼうやのオッケとピレリルは、
高いカシワの木のてっぺんで、お父さんとお母さんと一緒に暮らしていました。

ところが秋の日のこと、2人は嵐にさらわれて、
小人たちが洗濯をしていた“小人のひげ”の上に落ちてしまいました。

怒った小人たち。
そこで2人は、洗濯物を汚してしまった代わりに、
洗濯物を運ぶおつかいをすることになりました。

けれど、何も知らないオッケとピレリルのお母さん。
息子たちはいったいどこへ行ったのかと、大きな声で2人の名前を呼びました。
そこへたまたま遊びに来た“はしばみ”の親子も、それを聞いて心配になってきました。

そこで、りすのスバンス氏は、
はしばみの子と一緒に、2人を探しに行くことにしました。

* * * * * * *

作者は、『ペレのあたらしいふく』や『もりのこびとたち』(どちらも福音館書店刊)のエルサ・べスコフさん。
その絵はとても精密で、淡い色使いは本当に美しい。彼女の描く豊かな自然からは、草のにおいや土の感触が感じ取れるような気がします。

お話も、ちょっぴりスリルがあって、けれど最後はほっとして、その流れはとても心地が良い。
満足感に包まれながらページを閉じる瞬間は、やっぱり幸せです。

そうそうそれに、個人的には、登場人物たちの服装がとても好み!

どんぐりさんとぼうやは、ベレー帽みたいにどんぐりの帽子を被っているし、はしばみさんと子どもたちも、やっぱり帽子を被っています。

ちなみに「はしばみ」というのは、ヘーゼルナッツができる木のことですが、そのはしばみさん親子が被っているのは、実の付くガク(?)のところ。チューリップハットみたいで、とってもかわいいです。

あとあと・・・
言い始めたらきりがないので、今日はひとまずこの辺で。